XTC

XTC『Drums And Wires』

XTC

CD + Blurayによる再発第2弾は3rdの本作でした。鈴木慶一がXTCの中で1作選ぶとしたら何かと聞かれて本作を挙げていたのを思い出します。ジャケットのロゴがエヴァンゲリオンに登場したり、「Scissor Man」という曲が『ハサミ男』という小説の原案になったり…

XTC『Nonsuch』

XTC

昨年末に念願のブルーレイレコーダーを購入したので、やっとのことで聴けたXTCの再発盤。残念ながら5.1chのシステムは家にはないのでサラウンドミックスは楽しめませんが、それでもこのボリュームは凄い!聴くのにひと苦労です。 リマスターの方はやはり音圧…

XTC『Skylarking : Corrected Polarity Edition』

XTC

違いは低音かな・・。 86年リリースのトッド・ラングレンプロデュース作品が極性の違いを修正して再リリースされました。ジャケットも当初通りの発禁寸前の代物。最大の興味は音にありましたが、正直言って左程の違いは感じられなかったのが実状です。 何と…

XTC『English Settlement』

XTC

XTCの最高傑作だと思います。前作の『Black Sea』を推す方もいますが、断然こちらの方が成熟度で上回っていますね。 最初に聴いたのははるか昔の貸しレコード屋があった時代。その頃国内盤は1枚でしたので、5曲程カットされていました。その後輸入盤で正式版…

ティン・スピリッツ『Wired to Earth』

XTCのデイヴ・グレゴリーがメンバーにいるバンドの新作です。以前動画を観てこの作品の発売を知りましたが、何故かプログレ風味満載の音に少し意外な感じを持ちました。聴いてみると悪くはないですね。 そもそもプログレ自体をあまり聴かないので、この音が…

アンディ・パートリッジ新作!

XTC

http://www.cdjournal.com/main/news/andy-partridge/29167 これは知らなかった。遂に出るか・・。タイトルは『Powers』だそうだ。チャリティのアルバムに1曲収録されているそうだが、そちらはダウンロード限定。肝心の新作は7月発売予定ということで、気が…

『Psonic Psunspot』

XTC

ということでデュークスの2nd。これはXTCっぽい曲が多くて、実質的にはXTCの作品として楽しむのが筋かもしれないが、アレンジのテイストはサイケデリックなので余興として楽しむものだろう。こちらも音圧は控えめで、本当にリマスターしているのか怪しくなる…

XTC as The Dukes of Stratosphear『25 O'clock』

XTC

来ました!デュークスの再発!アンディ・パートリッジのレーベルAPEから超豪華デジパック仕様で、しかもボーナストラック9曲入り!こりゃええわ。ジャケットもしっかりオリジナルのサイケ仕様。やっぱこうでなくちゃ! 音はリマスターのはずだが、左程の音…

The Dukes Of Stratosphear『Chips From The Chocolate Fireball』

XTC

ずっと探していたXTC変名バンドのリマスター盤が800円で置いてあったので、中島美嘉のベストと迷ったあげく、こちらを手にしてしまった。そうしたら、何と再発情報・・。こういうのが一番悲しい。 http://www.spotlight-jp.com/matsutake/mt/archives/2009/0…

モンスタランス

XTC

XTCのアンディ・パートリッジと元XTCのバリー・アンドリュース、他1名のセッションアルバムがディスクユニオンで入荷し、かつ限定の直筆サイン入りというものが出た、ということで給料日前なのに購入。やはりXTCには身をささげるしかなさそう・・・。 BBCでは「…

アンディ・パートリッジ

XTC

XTC解散説も噂されるアンディ・パートリッジですが、こんな映像を発見しました。 http://mickey.tv/r/Video.aspx?v=x3LSnPI9KXQ&key=Andy+Partridge Wonderfallsというドラマの主題歌だそうですが、初めて聴きました。これいいですね。FuzzyWarblesには入っ…

XTCの謎

XTC

#本文は1995年4月号に掲載されたものです。 「薔薇がなくちゃ生きていけない」とはムーンライダーズの「マニア・マニエラ」での言葉だが、「日本がなくちゃ生きていけない」のが今のXTCの現状だろう。XTCが何故、本国イギリスやアメリカで売れないのか、そ…