『Revolver』

f:id:tyunne:20181013184214j:plain

ビートルズに目覚めて最初に買ったのは『Magical Mystery Tour』だったが、2番目は『Revolver』だった。何といっても『Tomorrow Never Knows』が衝撃的だったからだ。

 

この音楽にはやられた。聴いた当時でも既に15年前くらいだったと思うが充分現代的で、何といってもカッコ良かった。このリズムパターンとベースのループは一体何だ!えっ、これがビートルズなのか?ということで、従来のポップグループのイメージは吹き飛んでしまった。

このアルバムには『She Said She Said』というゴキゲンな曲も含まれていて、こちらも鋭くて非常にカッコいい。ジョン・レノンが冴え渡っていたのがよく分かる。奥田民生も大好きだそうだ。

リマスター盤でイメージが変わったのは『Got To Get You Into My Life』かな。ブラスの音が不自然ではなく厚みのあるサウンドに変わっている。今回のリマスターではこの「不自然さ」がとれたのが大きい。『For No One』の管楽器なんかも同様。その他、『I Want To Tell You』でのフェイドインから始まってピアノの低音が響くジワジワ感もいい。

『Taxman』ではパーカッションの音が細かく拾われていて、再発見があった。この辺の細部はリアルだ。『Yellow Submarine』ではラストのコーラスが軍隊のように厚く響く。

ジャケットもかっこいいし、これは買いの1枚でしょう。