『Showdown』

f:id:tyunne:20181020121853j:plain

さて、ここからが初聴き。78年リリースのこの作品は中古を漁っていたときも見かけなかった。そもそもCD化されていたんだろうか?

まず一聴して音が綺麗になっていることが分かる。これまでのグリグリ押すようなファンクチューンもソフィストケイトされて、チョッパーも泣きのギターもスッキリと聴こえる。これを洗練化というのだろうか。この後は段々とこの路線が追求されていくようだが、最終的にそれが『シルクの似合う夜』に至る。

『Groove With You』がまずはいい。『Rockin' With Fire』で「ファーイヤ!」と歌われるとついスライを思い出してしまうが、音の質感はあくまで綺麗に。ここを前進と見るか後退と見るかが分かれ目のように思う。

i-Radioで先日スタートした冨田恵一の番組では「78年最強説」が唱えられているが、ここはディスコブームの年。かつパンクの萌芽もあった。そんな中でのアイズレーの回答がこれだとすると、少し影が見えてきたかな?いや、あえて成熟の極地ということにしておこう。