ムーンライダーズ『青空百景』

f:id:tyunne:20181114205200j:plain

82年リリースということはビートニクスより後なんですね。お蔵入りになった前作『マニア・マニエラ』と対になるムーンライダーズの決定盤。名曲揃いです。

A面はすべてがキャッチー。「僕はスーパーフライ」はCM曲にもなったそうですが、なにせリアルタイムでは知らないのでまったく記憶にありません。「青空のマリー」は若かりし頃のサエキけんぞう作詞。「霧の10?」のゆったりとしたリズムのカッコ良さと言ったら。「真夜中の玉子」のシュールな勢い、「トンピクレンッ子」はその後何度もライブで聴くことになりますが、明るくて個性的な歌詞に何度もやられました。

B面にいくと少し暗めになってきますがかしぶち哲郎の世界が広がる中に「アケガラス」のような渋い小品や夏の終りを告げる決定的名曲「くれない埠頭」が挟まってくるという永遠さ。当時最新のテクノロジーを使って青春を描いた彼等なりの売れ線アルバム。これで売れなかったらもうしょうがないでしょう。でもやっぱり変です。