高橋幸宏『A Sigh of Ghost』

f:id:tyunne:20181111081057j:plain

97年の作品。これでオリジナルアルバムはほぼコンプリートとなりました。作品自体も非常にいい作品だと思います。

ドラムンベースの色合いが濃いのは時代を感じさせますが、楽曲自体がとても余裕があって良い。90年代後期にこんなに作品がフラットで充実していたとはしりませんでした。というより自分の耳が変わったのかもしれません。

ラストの「Set Sail」は比較的重要な曲のようで、ライブでも時折顔を見せますね。還暦記念のコンサート『One Fine Night』で意識しました。

何事も自然体が一番。高橋幸宏を聴いているとそれを痛感します。特にミッシングリンクで聴き返した90年代の作品には本当に勇気付けられます。この重要性に気付くまでに多くの時間を要してしまいました。