ビル・エヴァンス&ジム・ホール『Undercurrent』


62年録音のビル・エヴァンスジム・ホールとの共演作品。繊細な音が鳴っています。

 

この時期はビル・エヴァンススコット・ラファロを失ってしばらく演奏活動ができなかった時期を乗り越えてやっと動き出していた頃ですが、同じく繊細な音を奏でるジム・ホールとのセッションはとても相性が良くて、音からは静かなパワーが伝わってきます。

 

ジム・ホールは先日観た『真夏の夜のジャズ』にもチラッと出演していましたが、ジャズにおけるギターの音というのは物凄く小さくて高い音、という印象があります。従って、ビル・エヴァンスのピアノの音と極端に言えば余り区別がつかない。どちらが主旋律に入れ替わっても一瞬気付かないような融合を成し遂げているような気がします。表現する手法がジャズの中においては似通っているのかもしれません。

 

それぞれのソロが綺麗に紡ぎ出されるので、聴いていてとても落ち着いた気分になりますし、一音一音を大切に受け止めたいと思う不思議な邂逅です。