大滝詠一『大瀧詠一 乗合馬車(Omnibus) 50th Anniversary Edition』disc 1


大滝詠一のファースト・アルバムが再発されました。これは待望。ファーストは92年の再発盤で聴いていたんですが、音が小さくて今ひとつ聴き込めずにいたので今回の再発は非常に嬉しい。特に「それはぼくぢゃないよ」が大好きでした。

 

大滝詠一の音楽はどうしても言説先行になりがちなので、ご本人も含めた解説がテキストとしてまずは流通してしまいます。それはそれで楽しいんですが、まずは音。たった30分ではありますが、今回作品に向き合ってみてどう感じたかを記録しておこうと思います。

 

一番びっくりしたのは冒頭の「おもい」です。あれ?これってステレオだったっけ?と思って以前の92年再発盤を聴き返してしまう程分離がはっきりしていて生々しい。別物かと思いました。かつての再発盤を聴き返してみると、92年盤の方は音も小さいし全体にまろやかに聴こえてくる。2曲目の「それはぼくぢゃないよ」でも同様でした。今回の音は全体的に非常に生々しいです。まるでキャプテン・ビーフハートのよう。

 

曲順や構成も変わっていて、本来大滝詠一が望んでいた「シングル6枚をまとめたもの」というコンセプトに沿った形に再構成されています。アルバムとは本来シングルの寄せ集めだった。

 

こうした考え方はヴァン・ダイク・パークスも以前に『Song Cycled』という2013年の作品で実現していますが、かつては確かにシングル中心のリリース形態だった。そして現在サブスク全盛の世の中になって、またそうした単独楽曲中心の発表形態に回帰しつつあるのは周知の通りです。

 

80年代のスクリッティ・ポリッティコーネリアスの1stなんかもそんなイメージでしたね。ヒット曲を集めたアルバムにする、といった話だったと思います。はっぴいえんどでロックの世界に踏み込んだことを自分本来のポップス気質から離れた活動として捉えていた大滝詠一がソロ作品でポップスに回帰したのは必然。しかし、この1stでは細野晴臣も指摘した二面性が宿っています。

 

ロディアスな路線とノベルティ路線が同居しているので、「どちらかに絞った方がいい」というアドバイスを受けて後の『ナイアガラ・ムーン』と『ロング・バケイション』が生まれた。そう考えるとこの1stが習作のように見えてしまいますが、元々オムニバスだったんだからいいでしょ、というカウンターに今回の構成がなっている、と捉えるのは考え過ぎでしょうか。

 

いずれにしてもコンセプト以前に音にびっくり、というのが今回の印象です。

オスカー・ピーターソン『We Get Request』


しばらく前にオスカー・ピーターソンドキュメンタリー映画がCSでやっていたので観たんですが、なかなか良かったので手にした1枚。64年の録音です。

 

映画でもピアノの速弾きが印象的でしたが、こちらでもその演奏が楽しめる反面、スローな曲での優しいタッチもとてもいいですね。初めてまともに聴きましたが、これもいいです。何聴いてもいいんだな。

 

メンバーは下記の通り。

オスカー・ピーターソン(p)

レイ・ブラウン(b)

エド・シグペン(ds)

 

アノトリオですが音が厚いような気がします。

オリジナル・ラブ『A Change Is Gonna Come 〜 Original Love Live At 日比谷野音』


新作の初回限定盤に付属されている野音の30周年記念ライブ映像です。これも予想通り最高。

 

オリジナル・ラブのライブは郡山で95年に体験して以来なのでもうすっかりご無沙汰してしまっているんですが、ある意味その頃のグルーヴが今回復活しているような感もあります。メンバーは下記の通り。

田島貴男(vo)

佐野康夫(dr)

小松秀行(b)

河合代介(org)

木暮晋也(g)

真城めぐみ(cho)

 

何度も触れているリズム隊の小松秀行佐野康夫のビジュアルを初めて拝見しましたが、随分とイメージが違っていました。佐野康夫さんは意外と細身で、まるで佐々木蔵之介のような風貌なんですね。そして小松秀行さんは結構強面で、まるでハウンドドッグのようです。

 

演奏の方はもう最高。序盤の「月の裏で会いましょう」で既にグッときて泣きそうになりました。時期的に『風の歌を聴け』『RAINBOW RACE』からの選曲が多いのが嬉しいところで、特に『RAINBOW RACE』からの「夢を見る人」や大好きな「Bird」を演奏してくれているのは非常に嬉しい。

 

そして意外にも『Desire』のオープニング曲「Hum a Tune」を後半の山場に配置して演奏していました。このアルバムはオリジナル・ラブ田島貴男の単独ユニットになった頃の作品ですが、この曲でのグルーヴ、途中から展開が変わる気持ち良さはなかなか侮れないものがありました。その再現を最高のバンドでやるんだから堪りません。これは素晴らしい。

 

ということで30周年にして活動のピークを迎えつつあるオリジナル・ラブは今後もやはり目が離せないバンドであることを軽やかに証明する作品群。この絶頂感を是非キープして欲しいです。

オリジナル・ラブ『MUSIC, DANCE & LOVE』


傑作、傑作。オリジナル・ラブ渾身の30周年記念アルバム。これは最高ですね。

 

何といってもリズム隊がいい。ベース小松秀行、ドラム佐野康夫という布陣は『風の歌を聴け』の時代が復活している訳で、これは悪いはずがない。ここへ来てオリジナル・ラブは何度目かのピークに達しています。

 

特に前半の「優しい手」「フェイバリット」「ソングライン」の3連発が素晴らしくて、久々にグルーヴィーな展開が目眩く繰り広げられます。でも90年代のギラギラした感じというより抑制の効いた演奏となっている点も見逃せない。これが成熟というものですが、その裏にパッションがあるのがいいね。

 

田島貴男いわく、コロナのお陰で30周年が2、3年続いている、ということで初回限定の野音ライブ映像も含めて久々の祝祭感を味わいましょう。素晴らしい作品にまた出会えました。

セロニアス・モンク『Thelonious Monk Plays The Music of Duke Ellington』


こちらも55年録音作品。

 

セロニアス・モンクについては、どうしてもその独特のもたついているような演奏スタイルに抵抗感があって今までもなかなか手が伸びずにいましたが、やはり何かにつけて話題に上るプレーヤーなのでずっと気になってはいました。

 

この作品を何でチェックしたのかは忘れてしまいましたが、恐らくは収録曲をラジオで聴いて引っかかっていたんだと思います。聴くといいんですよね、やっぱり。「グルーヴがある」とセロニアス・モンクを評している人もいましたが、果たしてそうなのか。これも聴き込まないとちょっと分かんないなあ。

 

本作もピアノトリオですが、明らかにビル・エヴァンスとは違うし、バド・パウエルとも違う。やはり粘っこい気がします。それをグルーヴというのか。現時点では何とも言えません。ですので、この後もモンクの作品は聴き進めていくことになりそうです。

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ『Study in Brown』


こちらも星野源経由で手に入れた一枚。松重豊と一緒に出ていた番組で、自らのルーツとして紹介されていました。55年の録音です。

 

要するに冒頭の「チェロキー」がサケロックに似ている、という話かと思いますが、確かにこの比較的呑気な雰囲気のテーマがサケロックの一連の楽曲を彷彿とさせるところはあると思います。でも基本的には聴き進めていくとモダンジャズなので、各楽器のソロパートは饒舌だし、マックス・ローチのドラムも飛ばしています。やはり実家がジャズ喫茶だったから、自然と耳に入っていたということでしょう。

 

クリフォード・ブラウンの作品を聴くのはこれが2作目ですが、その間にアート・ブレイキーとの演奏が挟まれています。とにかく出てきた頃は大変な注目を浴びていたようですので、若くして最右翼。それが自動車事故で短い生涯を終えていて、尚且つ人格者だったという事実も非常に泣かせます。そうしたエピソードがどうしても音楽より先行してしまうので、じっくり聴き進めていくのはこれからかな、という気がしています。

 

でもやっぱりテーマが分かりやすいのがいいところですね。そしてソロパートもきっちり聴かせます。

ムーンライダーズ『moonriders LIVE 2022』

9月に行われたムーンライダーズの『It's the moooonriders』レコ発ライブが配信されました。観に行けなかったライブでしたので、配信で楽しむことができて非常に嬉しい。

 

今回は新作の楽曲が中心に演奏されましたが、何といってもオープニングとエンディングが格別だと思います。作品でも冒頭と最後が強烈な印象を残しましたが、このライブでは恐らくもう二度と行われないであろう演出を観ることができました。

 

オープニングはいきなり鈴木博文のピアノから始まります。佐藤優介と二人のセッションですが、これは強烈です。ピアノうまいなあ。1曲目の「モノレール」はメンバーの非同期なトーキングが展開される不思議な曲でしたが、それをライブで再現してかつその後「ボクハナク」に繋げていく。この演奏は本当に感動的でした。もうこれだけで終わってもいい。

 

「ボクハナク」では鈴木博文のボーカルに続いてスカートの澤部渡がボーカルを取ります。こうしたシーンは全体を通して何度も目にするんですが、このボーカルリレーに何故かグッときてしまうのは、ムーンライダーズというバンドの遺伝子が次世代に引き継がれていることを証明する瞬間だからなんだなあ、と今回改めて感じました。受け継がれていくことに対して感動する気持ちは長くファンをやっている人特有の感覚かもしれませんが、それにしても美しい。

 

鈴木博文はちみつぱいでいえば渡辺勝のような立ち位置になってきているような気がします。鈴木慶一に対するカウンターカルチャーとしてこれまでも存在してきましたが、益々そのスタンスが表現されている。

 

これがオープニングで、エンディングは「私は愚民」のインプロヴィゼーションが展開されます。これは予想された展開でしたが、驚くのは観客を退場させる間にもずっと演奏をやめないこと。幕が降りているのにバックで嬉々として演奏を続ける。これは異様な光景でした。

 

演奏も凄くて、特にドラムの夏秋文尚がシンバルを外して手に持ちドラムセットをガンガン叩く光景はかなり暴力的。これはザ・フーが演奏を終えた後に楽器を壊して去っていく光景を想起させます。そこまで破壊はしませんが、演奏は破壊的。やっぱりマザーズを思い出しました。『いたち野郎』のエンディングみたいですね。

 

幕が降りる直前に鈴木慶一が指揮者となって演奏を止めたり再開させたりしますが、この所作はフランク・ザッパのようです。鈴木慶一本人も演奏中に「How Could I Be Such A Fool」と何度も呟いていますが、これはザッパの1st『フリーク・アウト』の楽曲名です。かつて鈴木慶一はザッパがやっていたジャンプして拍子を変えるパフォーマンスを練習してなかなかうまくいかないと話していました。 それがここへきて異なる形で成功しているのは感無量ですね。

 

ということでオープニングとエンディングの異様さが突出したライブだったんですが、中盤で登場するゲストDaokoがとても綺麗でした。新作でもゲストボーカルで参加していた「再開発がやってくる、いやいや」で登場するんですが、こうした綺麗な人が参加すると男子の部活のようなムーンライダーズの面々は皆照れてしまう。その感じがとても可笑しかった。

 

Daokoさんの参加楽曲は3曲ありましたが、ここで「ニットキャップマン」をやったのはちょっと勿体無いかな、と思いました。矢野顕子パートを歌っていましたが、この綺麗なビジュアルとコミカルな楽曲のアンバランスが目立ってしまって、ちょっと残念でした。ここは野宮真貴の参加した「M.I.J.」みたいな曲の方が良かったのではないか。佐藤奈々子の参加した「欲望」なんかも良かったかもしれませんね。

 

今回の新作以外からの選曲は案外と王道路線だったのでさほど驚きはありませんでしたが、やはり楽曲の良さとボーカルの艶っぽさで感動を呼ぶ瞬間が何度か訪れました。「夢ギドラ'85」や「D/P」といった素直にいい曲を白井良明澤部渡の歌声で丁寧に語られると聴いている方は参ってしまいます。素晴らしい奥行きを手に入れていますね。

 

蛇足ですが、武川雅寛のドスの効いた声には最近大分慣れてきて、トム・ウェイツイギー・ポップの声みたいに聴こえてきました。ポーグスでもいいですね。