高橋幸宏

高橋幸宏『IT'S GONNA WORK OUT 〜LIVE 82-84〜』disc 4 YUKIHIRO TAKAHASHI Live Selection 83-84

最後は映像集です。前半の83年のライブ映像はてっきり箱根の野外ライブでまとめているのかと思いましたが、渋谷公会堂の映像と交互に編集されているものでした。箱根の映像は当時録画して何度も観ていたので記憶に残っています。 ライブにおける立花ハジメの…

高橋幸宏『IT'S GONNA WORK OUT 〜LIVE 82-84〜』disc 3 tIME and pLACE

3枚目はライブ盤として当時もリリースされた作品のリマスターです。時期的には83年のライブですので、YMOの『浮気なぼくら』の後。すなわち日本語ポップスが前景化して来ている頃となります。従ってこの作品でも思い切りその傾向が表面化している。 批評でよ…

高橋幸宏『IT'S GONNA WORK OUT 〜LIVE 82-84〜』disc 2 YUKIHIRO TAKAHASHI TOUR 1982 WHAT ME WORRY?

2枚目は凄いことになっています。前半にもゲストで出てきた鈴木慶一に加えて、坂本龍一、加藤和彦、そして最後にはデヴィッド・シルヴィアンまで出てきてしまう。これはもうYMOとJAPANとミカバンドが一緒になったような話で、82年の時点で既に高橋幸宏は自ら…

高橋幸宏『IT'S GONNA WORK OUT 〜LIVE 82-84〜』disc 1 YUKIHIRO TAKAHASHI TOUR 1982 WHAT ME WORRY?

高橋幸宏の再発プロジェクトはライブ音源のボックス化で集大成化を図りました。ここはやはり手に取るべきでしょう。ジャズの作品ではないですが、メンバーが豪華なのでパーソネルを記載しておきたいと思います。 高橋幸宏(vo) 細野晴臣(b) 土屋昌巳(g) 立花…

高橋幸宏『薔薇色の明日』

83年にリリースされた作品。これはとても重要なアルバムです。 80年代前半の高橋幸宏はYMOの先鋭性を伴い、かつ英国ポップスの流れとも連動したニューウェーブ路線の旗手として活躍している側面がありました。しかし根本的なところでは非常にロマンティック…

高橋幸宏『What, Me Worry ?』

高橋幸宏のアルファ時代の再発シリーズ第2弾。82年リリースの作品となります。まだYMOが活動していた時期ですが、怒涛の81年を経て各自がソロ活動に邁進していた頃。高橋幸宏の作品はいつもわかりやすくて、手に取るのが楽しみでした。 この時期の作品で実…

METAFIVE『METAATEM』

コロナ、脳腫瘍、オリンピック、という3つの苦難を乗り越えて、配信ライブの特典という形で世に出されたMETAFIVEの2ndフル・アルバム。危うくお蔵入りになるところでしたが、無事に世に出されて良かった。そして作品も最高です。 配信無観客ライブやフジ・…

高橋幸宏『ニウロマンティック 〜ロマン神経症〜』

81年リリース。今回で買うのは4回目かな。高橋幸宏の作品の中でも一番の傑作として名高いこのアルバムは、やはり冒頭の「Glass」が傑出していると思います。 81年はYMOが『BGM』を出した年でもあり、そこで象徴的だった楽曲「Cue」がリフの繰り返しをバック…

高橋ユキヒロ『音楽殺人』

80年リリースの2ndのリマスター再発。今回の一連の高橋幸宏アーリー・イヤーズ再発プロジェクトはYMO40周年同様、ソニーの頑張りが見られてとても良いですね。非常に素晴らしいプロモーションだと思います。やはり大きいのは砂原良徳がソニーに所属していた…

METAFIVE " METALIVE 2021 "

METAFIVEの7月に行なった無観客ライブが今日まで配信されています。発売中止となった作品『METAATEM』を特典に付ける形で配信ライブチケットが発売されたので、これは手にしなければと思い購入しました。 METAFIVEは高橋幸宏の病気療養と小山田圭吾のオリン…

ジャパン『Live At The Budokan 1982』disc 2

2枚目。音質の改善は今後聴き返す機会を増やしてくれそうです。前回との違いはボーナストラックでアムステルダムの音源が入っていることですが、こちらの音質も言われるほど悪くはありません。とにかく前回が粗悪だった、ということでしょう。 ジャパンの場…

ジャパン『Live From The Budokan Tokyo FM, 1982』disc 2

後半は多彩なゲストが登場します。まずは解散コンサートの際にゲスト・ギタリストとしてツアーに同行した土屋昌巳。そしてデヴィッド・シルヴィアンと坂本龍一の共作シングル曲「Bamboo Music」を演奏する際には坂本龍一と矢野顕子。更に坂本龍一提供曲の「T…

METAFIVE『環境と心理』

METAFIVEのシングルが配信限定で突如リリースされました。とてもいいですね。 まず小山田圭吾が冒頭でリードボーカルを担当しているのが意外。これまでなかったのが不思議なくらいですが、METAFIVEでリードをとると新鮮に聴こえてきます。その後LEO今井、高…

高橋幸宏『Run After You』

98年の高橋幸宏のライブ盤はなかなか市場に出回らなくて、もう手に入れることは不可能かと思っていました。先にYouTubeで当時の映像も見たりしていて、これで充分かな、等と自分を納得させたりもしていた矢先にポッと見つかったタイトルです。 90年代の高橋…

スーザン『コンプリート・スーザン』disc 2

1stには『音楽殺人』を、この2ndには『ニウロマンティック』を聴くのかと思っていましたが、2ndは『出口主義』でした。 1st同様、豪華な執筆陣が曲を書いていますが、特に後半に行くに従って、かなりドラムのフィルインがビートニクス感を出してきて、非常に…

スーザン『コンプリート・スーザン』disc 1

高橋幸宏プロデュースの2作品をパッケージした再発品です。当時、スーザンだかサンディーだかよく分からずにいたものの、その存在だけは知っていました。但しお金がなくて流石にプロデュース作品にまでは手が伸びなかった。こうして40年の時を経て初めて聴…

高橋幸宏『SARAVAH SARAVAH! YUKIHIRO TAKAHASHI LIVE 2018』

高橋幸宏の1stを自らで歌い直した作品のライブ盤が届きました。昨年国際フォーラムで行われたコンサートの映像化となります。 再発の際にも感じましたが、今の音としても十分通用するものになっていて、昨今のシティポップブームにも乗っかってとても心地よ…

ビートニクス『NIGHT OF THE BEAT GENERATION』disc 2

2枚目に移ります。後半の印象は少し重かった。選曲もあると思いますが、重厚な印象を残しました。1stからの「NO WAY OUT」「Ark Diamant」そして3rdからの「Dohro Niwa」といった楽曲の骨太な演奏は、グッと重心が低くて、前半の爽やかな印象を反転させてく…

ビートニクス『NIGHT OF THE BEAT GENERATION』disc 1

2018年にリリースされたビートニクスの新作『EXITENTIALIST A XIE XIE』の発売を記念して行われたライブの音源がリリースされました。昨年アナログでこのライブはリリースされていましたが、ちょっと高くて手が出せませんでした。こうして完全版としてCDでリ…

高橋幸宏 featuring 東京スカパラダイスオーケストラ『Watermelon』

95年にリリースされた高橋幸宏とスカパラのコラボレーションシングル。90年代の高橋幸宏をリアルタイムで追いかけきれていませんでしたので、このシングルも存在自体をだいぶ後になって知ったという体たらくです。 CDシングルには表題曲と合わせて2曲収録さ…

高橋ユキヒロ『Saravah Saravah!』

1978年という年はYMOのデビューの年でもありますが、細野晴臣の『はらいそ』や坂本龍一の『千のナイフ』、そしてこの高橋ユキヒロの『Saravah!』が出た年でもあって、実は1981年に匹敵する重要な年でもありました。そんな中、小坂忠の『HORO』と同様に、当時…

高橋幸宏『A Sigh of Ghost』

97年の作品。これでオリジナルアルバムはほぼコンプリートとなりました。作品自体も非常にいい作品だと思います。 ドラムンベースの色合いが濃いのは時代を感じさせますが、楽曲自体がとても余裕があって良い。90年代後期にこんなに作品がフラットで充実して…

高橋幸宏『Time And Place』

先日90年代の高橋幸宏を聴き返しましたが、こちらは83年リリースのライブ盤。アナログでは持っていましたが、CD再発の際にはスルーしていました。何度か中古で見かけた際にもつい手が伸びずにいて、今回やっと入手した次第です。改めて聴くとやはり色々と発…

高橋幸宏『A Ray of Hope』

98年という年は坂本龍一が『BTTB』、細野晴臣がHATをやっていた年で、スケッチ・ショウの始動の4年前というタイミングです。 ミレニアム直前ということで、世紀が変わる前に何事かが起こりつつあった。細野晴臣はアンビエントの海から陸に上がって来たし、坂…

高橋幸宏『Portrait with No Name』

「自分の中ではあっさりし過ぎている印象があって・・」と本作と前作についてご本人自身がコメントされていますが、本作のポイントは自分の中では高野寛作詞の「流れ星ひとつ」が入っていることです。トリビュートでの高野寛自身のカバーが非常に秀逸だった…

高橋幸宏『Fate of Gold』

95年という年は自分が福島にいた最終年度で、結婚直前の時期にあたります。この時期にこんなに落ち着いた、達観した作品をリアリティを持って味わうことは恐らくできなかったし、まずもってその価値が理解できなかったでしょう。それは仕方のないこと。でも…

高橋幸宏『Mr. YT』

「YTは知っていますが、UTというのは初めて聞きました。」ということで、タイトルをきくといつも『BGM』の「UT」のコメントを思い出す94年リリースの作品。この頃は自分も結婚直前で、福島での後半時代を送っていた時期になります。本当に高橋幸宏に興味がい…

高橋幸宏『Heart of Hurt』

ずっと90年代の高橋幸宏を聴くのを避けてきましたが、ここへ来て非常に心地よく耳に入ってくるようになりました。これは端的に自分が歳をとったことと無関係ではないと思いますが、それ以前にポップスとしての完成度がやはり高かったんだと思います。中古で…

ビートニクス『Extentialist A Xie Xie』

ビートニクスの新作がリリースされました。もうないかと思っていましたが、昨年のワールドハピネスでも新曲を披露していたので、何らかの形でリリースはあるかもしれない、と思っていた矢先のアルバムリリース、ということで、健在ですね。逆に今年はワール…

WORLD HAPPINESS 2017

今年から場所を変えて葛西臨海公園での開催となりました。10周年、ということで今年も行ってきました。 会場はコンパクトになった印象です。海沿いですので環境もいいし、駅を降りてすぐ公園なので、公道を通らなくて良いのがポイントです。行き帰りもスムー…