山下達郎

シュガーベイブ『SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-』

これで何枚目の購入となるのか。 恐らく究極のバージョンであるシュガーベイブ唯一のアルバムの再発は、リマスターとリミックスの2枚組という変則的な形でのリリースとなりました。最初にアナログで聴いて以来既に何十年と経過していますが、未だに色褪せな…

山下達郎『Big Wave』

84年リリースの作品が30周年バージョンとして再発されました。実はきちんと聴くのは初めてなので、価格が安いこともあって今回手にしてみることにしました。それにしても良心的な価格。ポップスの何たるかを理解しているからこその戦略という意味で非常に立…

山下達郎『OPUS』bonus disc

最後、ボーナス・ディスクです。他人への提供曲を歌ったデモ・バージョンから始まりますが、『硝子の少年』は意外と達郎節になっていて違和感が左程ありませんでした。どの曲も普通に聴けるクオリティの高さでこのあたりは流石ですね。『GUILTY』はなかなか…

山下達郎『OPUS』disc 3

年末に父が急死しました。怒濤のような二日間でしたが、何とか今後の支度を整えて本日は休息の日。色々と考える暇もなく動いてきましたが、これから喪失感が現れてくるんだと思います。あまりに突然のことだったのでなかなか実感が湧きませんが、ビートルズ…

山下達郎『OPUS』disc 2

山下達郎の歌声を聴いた子供が「演歌みたい」と言ったという話をツイートで見た記憶があります。ボーカルスタイルが粘っこいのでそう聴こえたのかもしれませんが、最初にそのツイートを見た時は可笑しかった。レコード会社移籍後はすっかり御大と化した感が…

山下達郎『OPUS』disc 1

今年は山下達郎で年を越すことにしました。そろそろ店頭の在庫もなくなりつつある初回限定盤を船橋でGET。やっとここまで辿り着きました。 先日聴いた佐藤博のサンソンでの追悼特集がWeb上に上がっていて、多くの楽曲に参加していることが分かりましたが、初…

『ナイアガラ・トライアングル Vol.1』

76年リリース。山下達郎、伊藤銀次と共に曲を持ち寄って出来たオムニバス。坂本龍一が沢山ピアノを弾いている。以前サウンドストリートで山下・坂本ご両名そろい踏みの楽しい回を聴いたが、当時はずっと一緒に遊んでいた仲間だったようだ。ある意味、結成し…

シュガー・ベイブ『SONGS』

このアルバムを最初に聴いたのは何年前だろうか。確かアナログの再発盤を買ったような気がするが、山下達郎の熱心なファンではなかった自分が冒頭の『SHOW』でノックアウトされたことだけは覚えている。友人の山下達郎ファンはCD化の際に購入し、「毎日家に…

山下達郎『RIDE ON TIME』

山下達郎の熱心なファンではないので、持っているアルバムはごく僅かだが、99年の紙ジャケ再発が中古屋にあったので見てみると、何というカッコいいジャケット!『RIDE ON TIME』はジャケットが良くないと思っていたので、これにはやられてしまった。シング…

山下達郎『CIRCUS TOWN』

10年程時間を戻して76年リリースの山下達郎のファースト。『WINDY LADY』が後々までカバーされるなどして有名だが、アルバム自体はニューヨークとLAで録音した鈴木茂のファーストみたいな感じなんだな。 99年の再発盤でリマスターもされていないので、音とし…