Cannonball Adderley

キャノンボール・アダレイ『The Cannonball Adderley Quintet In San Francisco』

キャノンボール・アダレイはこれまで聴いてきた作品が実質マイルス・デイヴィスやビル・エヴァンスの作品に近いようなものばかりでした。本格的に聴いていくと恐らくは勢いのある作品が多いんだろうと予測していた。しかし、この作品で緩やかにその予想を裏…

キャノンボール・アダレイ『Portrait of Cannonball』

58年録音作品。CDで購入したのでボーナストラックが3曲入っていますが、いずれも収録曲の別テイクです。この別テイクをオリジナルの収録曲の後に続けて収録している曲順となっていて、これはちょっと構成としてどうなんだろう、と思いながら聴いていました…

キャノンボール・アダレイ『Somethin' Else』

58年録音の本作は実質マイルス・デイヴィスの作品といって良いものとなっています。メンバーは下記の通り。 マイルス・デイヴィス(tp) キャノンボール・アダレイ(as) ハンク・ジョーンズ(p) サム・ジョーンズ(b) アート・ブレイキー(ds) というなかなかの面…

キャノンボール・アダレイ『Know What I Mean?』

キャノンボール・アダレイはずっと聴きたかったんですが、やっと聴けたこちらの作品は61年録音のビル・エヴァンスとの共演盤でした。 二人はマイルス・デイヴィスのバンドで一緒だったこともあるので「仲間」という感じなんでしょうが、それにしてもこの作品…