Radiohead

レディオヘッド『The King of LImbs』

2011年に発表されたこのアルバムもついでに借りてきました。前作の『In Rainbows』は結構好きだったので、果たしてその後はどうかなと思いましたが予想以上にアブストラクトな音。こんな音楽が人気があるなんて凄い時代ですね。物凄く地味で暗い。でもカッコ…

Radiohead『IN RAINBOWS』

半年経ってレディオヘッドの新譜を手にしたのはLAのCDショップがきっかけだった。限定で11ドルだったか。ちょっと迷って翌日行くともう売れていて、値段も15ドルに上がっていた。 ところが、最近HMVで1490円でかつクーポンで200円引き。これはCDシングル並み…

レディオヘッドPV

『イン・レインボウズ』発売を受けて、各局でPV特集が組まれているが、MUSIC ON TVとMTVの特集をそれぞれ見た。 やはり『ピラミッド・ソング』と『パラノイド・アンドロイド』がいい。後者はMTVでしか流れなかったが、新曲の放映も含めてMTVの方が番組編成上…

ヘイル・トゥ・ザ・シーフ

ライヴアルバムを挟んで2003年発表に発表された6作目。本当にレディオヘッドで年を越してしまった。実験性の高い世界から現世に帰還してのバンドサウンド復活作。通して聴きやすいがもっと徹底的に聴きやすくしてしまっても良かったのではないか。 ここを経…

アムニージアック

01年発表のレディオヘッド5作目。冒頭から「何年も何年も待っても何も来なかった」と歌われると困ってしまうが、これはいい。大好きな『ピラミッド・ソング』は水の中に入っていくPVが印象的で、唯一このアルバムだけはレンタルして聴いたことがあった。で…

キッドA

2000年発表の4作目。これは暗い!売れた後のチルアウトといった感じか。エレクトロニカの導入によって趣が大分変わったが、『オプティミスティック』から『イン・リンボー』に至る流れは夢幻の境地で頭が回りそう。 ニルヴァーナみたいに売れた後死ぬことは…

OKコンピューター

97年発表のレディオヘッドのサード。この辺りから来ますね。弟の結婚式で使われていたのは『ノー・サプライゼズ』でした。『パラノイド・アンドロイド』のPVは見たことがある。少し気持ちの悪いアニメーションだったが印象に残っている。淡々とした演奏に…

ザ・ベンズ

95年発表のレディオヘッド2作目。大分ファーストからは進化しているが、まだ足りない。結構POPだが、後半は後の怪しさが見え隠れしてくる。ベストトラックはあえて挙げれば『ブラック・スター』かな。でももう一歩足りない感じですね。仮にこのアルバムで…

レディオヘッドBOX

2007年最後はレディオヘッドのBOXで締めることにした。以前から気になっていた『ピラミッド・ソング』や弟の結婚式でかかった曲(曲名知らず)など、ひっかかっていた曲が多くて、この機会に全部聴いてみることにした次第。 とりあえずファーストの『パブロ…