ダンスマン『ミラーボーリズム4』

f:id:tyunne:20181019212446j:plain

「冗談音楽だから手を抜かないで真剣にやる」といった類いの発言をしていたダンスマンの02年リリース4作目。天才だと思う。

似たようなタイプに王様がいるが、どちらかというと一時期のスチャダラパーにも共通するテイストがある。音が普通にカッコいいし、この作品で言えばB.T. Expressの替え歌の『JAZZ SOUL FUNK』なんかは歌詞内容の面白さも含めて珠玉の作品だと思う。原曲は知らなかったが、知らなくても楽しめるというのは凄い。

 

「洋楽買って帰っちゃう」みたいな言葉の選び方、山田楽器でのダンスマンのCDショップのジャンル分けがオムニバスだった、みたいな話を見事に替え歌にして歌ってしまうナンセンス。昔マイミクさんとカーステレオで聴きながら「微笑ましいよね」と話したことを思い出す。際物扱いされるアーティストだが、本気でやってる分お笑いに徹することもできずに中途半端な立ち位置になってるような気もするが、もっと評価されていいと思う。

『La Booo』は当時アニメのエンディング曲で使われていて、余りにカッコいいので会社の人にmp3データを探してもらったような記憶がある。それからもう10年近く。その人もいまや大課長さんだ。時の経つのは早い・・。