salyu × saiyu『s(o)un(d)beams』

f:id:tyunne:20181021125054j:plain

コーネリアス全面プロデュースの作品。こいつは楽しみにしていたが、憂鬱な気分を吹っ飛ばす快心の出来。ほぼコーネリアスの新作といっても過言ではない。

salyuという人はよく知らなかったがYou Tubeで見たら『新しいYes』の人なんですね。元々はリリィ・シュシュとして出てきた人。うん、その辺はなんとなく知ってる。でもってこの声を素材に『point』以降の手法で鋭く切り込んでくる。

 

むしろ抑えめの『muse'ic』や『Sailing Days』の方がいい。共同作業のきっかけとなった『奴隷』は強烈で、畳み掛けてくる声に圧倒される。こりゃあ凄い。どこまでいくんだ、という感じで突進していく。

ビョークっぽい感じの曲も確かにあるが、むしろ朝日美穂を想起させた。しっかりしたバックがついた上でのエキセントリックな振る舞いが似ている。でもそこはやはりコーネリアス。構築力のロマンティズム。ビートの強い曲もいいが、むしろ広がりのある曲の方が真価を発揮している。前衛でかつポップというのはなかなか出来る芸当ではないが、さりげなく差し出すところが憎い。声にインパクトとバリエーションがあるのである意味ベタの一歩手前ではあるが、ギリギリの線で留まっているかな。それにしても目が覚めるなあ。

ラス前の『Hostile To Me』は何とLali Punaのカバーだ。しかも最新作から。ここで出会うとは。