オハイオ・ノックス『オハイオ・ノックス』

f:id:tyunne:20181007131804j:plain

中古で見かけて入手してから約1年後、紙ジャケ再発となった。いやあ、目出たい。リマスター盤かと思ったが、聴き比べてみてもどうもそれはなさそう。やっぱりマイナーなんだなあ。それよりも入手しやすくなったことに意義があるんだろう、きっと。もし持ってなかったら驚喜乱舞するだろうし。

ということで、以前も書いたピーター・ゴールウェイの実質ソロ1枚目となる1971年作品。やっぱりいいんです。7曲目の『Baby Sox Knox』が一番グルーヴィーで好きだが、2曲目の『Land of Music』なんかもいい。全体的にアーシーなんだけど、こみ上げてくるリズム感や味わい深いボーカルなどと合わせてとにかく勢いがある。かっこいいんですね、単純に。

シュガーベイブのメンバーが愛聴盤にしていたという話もうなづけると思います。