ハイラマズ『Cold And Bouncy』

f:id:tyunne:20181013061430j:plain

98年リリースのハイラマズ4作目。結構ポップだとの評判だったので安心して聴いてみたら、やっぱり相変わらずのハイラマズ節だった。少し電子音が目立つようになってきたが、テイストはホントに一貫している。

www.youtube.com

全編こんな感じ。この映像は昔TVで見たなあ。それにしてもステレオラブは活動休止しちゃうみたいだし、かつての音響派は今や見る影もない。元々ハイラマズはこうしたオーガニックなサウンド志向だったので、そもそも含めるのがおかしいのかもしれないが、箱庭というより温室の中のような音楽なのに妙に開放的な感じ(バンジョーがいいのか?)。ずっと変わらない、坂本龍一風に言うと「更新しない」音楽。でも密かに進化しているのがいい。