ナンバーガール『NUM-HEAVYMETALIC』

f:id:tyunne:20181110111359j:plain

ナンバーガールの名前を初めて目にしたのは雑誌の広告だったように記憶しています。独特のフォントで書かれた広告でとても印象的でしたが、その後映像か何かで「日常に生きる少女」のライブバージョンを目にして、その曲が収録されているライブ盤だけ入手しました。

本作は02年にリリースされた最終作ですが、レンタルで借りて聴いて以降、放置していました。ずっと気になっていたので今回手にとった次第です。

ナンバーガールのような音楽には余り縁がないのですが、それでもこんなに気になるのはやはり轟音の奥に隠されたメロディックな部分と、途中でリズムが変わる瞬間の気持ちよさなんだと思います。本作でいえば「CIBICCOさん」なんかがそれに当たるんですが、妙に魅力的な爪痕を残すバンドだったなあと思います。

今聴くと、雰囲気の奥底にあるのは祭囃子のようなもので、漂う日本的な匂いが琴線に触れるんだろうなあ、と感慨深いものがあります。