Lamp『残光』

f:id:tyunne:20210117051258j:plain


こちらも決して外さないLampの07年リリースのミニアルバム。ビル・エヴァンスと一緒に昨年やっと発見した鉄板バンドです。

 

音の方は安定のクオリティですが、それにしてもビジュアルが70年代のようですね。時がレイドバックしていて物凄いです。一体どんな暮らしをしているんだろう。きっと普通に暮らしているんだと思いますが。。

 

こうした音楽をやり続けるのは苦労も多くて、かつてバンドを組んでいた時に参加した合宿ではハードロックやヘビメタのマッチョイズムに席巻されていて、ポップミュージックの居場所はありませんでした。大学のサークルでもそうだったなあ。たまたまかもしれませんが、いわゆるバンドマンの大半はそうしたマッチョイズムが横行していると思います。

 

その中でこういった音楽は軟弱に映ってしまってマイノリティ化してしまうんですが、今の世界的なシティポップの流れにはど真ん中の音楽だと思います。これが淡々と存在しているところが不思議です。

 

「面影」という曲が一番良かったですね。ラストの「泡沫奇譚」はムーンライダーズの『火の玉ボーイ』を聴いているかのようでした。あくまで雰囲気、という意味で。